ジェネラボのコンセプト「ななめ」の存在

社会に必要とされる「ななめ」の存在

 人は誰もがその人生で、両親や家族を含む、さまざまな「学び」を与えてくれる人に出会います。しかし、みなさんに何かを教えてくれるのは、親や学校の教師たち、お習い事先の指導員だけとは限りません。誰かとの出会いが、その人の人生の在り方を変えてしまう……そんな人生の「師」、「先輩」のことを、私たちは「ななめの存在」に位置付けて考えています。

人にはみな、次の世代に手渡せるものがある

 「ななめの位置」に私たちがいるとき、私たちは多くのことを次の世代に残すことが出来るようになります。次世代に何かを手渡すことは、何か特別な技術がある人や、親になった人間の特権ではありません。

 私たちの活動拠点の半分は、アメリカにあります。移民の国アメリカは、国を構成する人間自体がそもそも多様と言えますが、それに加えて昨今では性の多様性も加わり、一昔前の「普通」という概念がすでに成立しなくなっています。そんな環境でこの活動に取り組んでいると、次世代へのかかわり方の多様性についても、実感することが多くなります。

これらのものは、第三者からでも次世代のために手渡すことが可能

 人は誰もが「物語」を持っています。素晴らしい成功の物語もあれば、とても辛い経験の物語もあるでしょう。しかしそうしたすべての経験の中に、次世代に伝えられる「何か」があるものです。積極的に関わろうとすれば、みなさんが手渡す小さな「種」が、次世代を担う人たちの人生に、思わぬプラスを与えることは十分あり得るのです。

 シアトルに日本アートの画廊をオープンさせたアメリカ人男性を、例にあげましょう。彼は7歳の時に、母親と一緒にフラリと立ち寄ったアンティークショップで、伊万里焼の壺を磨いている店主と出会いました。店主があまりに一生懸命壺を磨いている様子を見て、彼は店主に色々質問したそうです。店主は優しく、焼き物の歴史のことや、日本文化の奥深さを少年時代の彼に伝えてくれたそうです。

 彼は言います。「あの店の店主との出会いで、僕の人生は決まったんだ。これほどまで好きなことに出会えたきっかけは、あの日の雑談だったのさ」と。思いがけず出会ったアンティークショップの店主が彼に与えた小さな「種」は、素晴らしい花を咲かせたと言ってよいでしょう。

 子供は先人たちから「未来の種」を、大人は様々な差異を越えて次世代に何かを紡いでいける「経験」を与え得合える「場」を意図的に作れたら、とても素敵なことだと思っています。私たちは、「ななめ」の存在というこのコンセプトを、多くのみなさんと分かち合えたらと思っております。