Generativity Lab™

次世代に何かを繋ぐ「社会還元共有型」マーケティング™が企業と社会を変える

難病の子供とその家族のために。ユダヤ人富豪の歩んだ奇跡の物語

 「あなたが一番尊敬している人は誰ですか?」という質問をされたら、間違いなく私はヘンリー・ランドワース氏の名前をあげるでしょう。ホロコーストを生き抜き、移住した先のアメリカでホテル経営者にまでなった彼が歩んだ物語は、私たちに多くのことを投げかけてくれます。

f:id:horizonchild:20190903101625j:plain

明日をも分からぬ命を生きる難病の子供と、家族のために

 フロリダ州オーランド市は、ユニバーサルスタジオやディズニーリゾートで有名な観光地ですが、この土地にはもう一つ、夢のようなひと時を過ごせる場所「Give Kids the World」があります。私がこの場所を知ったのは、かれこれ15年以上前になりますが、フロリダに住んでいた際に念願かなって見学に行った日のことは、今でも忘れることが出来ません。

 

 「Give Kids the World」は、前出のランドワース氏が作った、難病の子供とその家族のための施設です。彼がこの施設を作ったきっかけは、1本の電話でした。当時彼は、ディズニーからほど近い場所でリゾートホテルを経営していました。ある朝彼がホテルにいると、フロントの担当者が、宿泊キャンセルの電話がかかってきたことを彼に伝えます。その内容は、「ディズニーリゾートでの休暇を楽しみにしていた闘病中の子供が、その朝亡くなってしまいったために、旅行にいけなくなってしまった」というものだったそうです。

 

 この瞬間、ランドワース氏は、残りの人生を難病の子供とその家族のために捧げることを誓います。戦時中、強制収容所の生活を経験した彼がアメリカに渡った時、所持していたお金はわずか20ドルでした。そこから這い上がり、裕福になった彼の心の奥底に沈んでいたはずの、「常に死と隣り合わせだった当時の自分」が蘇り、病気で亡くなったその子供の人生と重なって見えたのだそうです。

 

 彼はすぐさま所有していたホテルや私財を全て売却し、大きな土地を購入します。その土地に建てた施設こそが、この「Give Kids the World」です。彼の思いに共感したたくさんの企業が、支援を申し出て施設は1986年に完成します。名だたる企業がお金を寄付していますが、彼らの名前は同施設内にある「The Castle of Miracles」と呼ばれる建物の中に、小さな星のプレートでその名が刻まれているだけです。大きな企業ロゴも、支援していることを宣伝するようなもも存在しません。ランドワース氏は後に、「自分がこの施設を作るのに交わした契約は土地売買の契約書のみ。大きな支援をしてくれた人たちは全て善意手を差し伸べてくれたため、他には一切契約書を交わしていない」と語っていますが、この話を知った時に「真の善意」や「アメリカで成功する企業としての社会的なあり方」とは何を指すかを、改めて知ったような気持ちになりました。

 

 創設以来、約167,000人の子供とその家族が、この施設で夢の1週間を過ごしたといいます。滞在費は渡航費も含めすべて施設の招待。ディズニーパークやユニバーサルスタジオももちろん無料招待で、子供たちが体に負担がないように、最優先でアトラクションを楽しめるそうです。大勢のボランティアが、この施設の運営を支えていますが、実際に訪れてみて分かったことは、そこが正に奇跡と呼ぶにふさわしい場所だということです。

 

 私は実際に、毎年楽しみにボランティアにやってくるという老夫婦と少しお話ができたのですが「自分たちの娘が生きていた時に、本当に素晴らしい経験をさせてもらった。施設をサポートし続け、子供たちとその家族に楽しんでもらうことは、娘が生きていた証を見続けることでもあるんだ」とおっしゃっていました。ちょっと泣けてしまいました。

 

 ランドワース氏は残念ながら昨年お亡くなりになりましたが、彼がこの世に残した循環する「奇跡」は、今もフロリダの地で生き続けています。 彼が語った「自分の人生はあの時終わったも同じ。借りてきたように生かしてもらえている人生は、次世代に返さねばならない。これは誰かに与えるためにやっている事業ではなく、自分が生かされるために『与えてもらっている喜び』の活動なのだ」という言葉は、とても印象的です。ジェネラティビティを体現する生き方とは、彼のような生き方を指すのだと思います。