Generativity Lab™

次世代に何かを繋ぐ「社会還元共有型」マーケティング™が企業と社会を変える

アメリカにおける非営利団体の在り方について②

 前回アメリカの非営利団体の在り方は日本とはかなり異なることを説明し、税法上のルールについて少し解説させていただきました。そことも少し被るのですが、今日は「ガバナンス」にいて説明してみようと思います。

f:id:horizonchild:20190906032251j:plain

NPO理事職は、報酬なしの名誉職

 前回一般的なNPOにとって最も重要であることは何といっても「501(c)3」であるか否かであると説明しました。そこでも述べたことですが、IRS( アメリカ合衆国内国歳入庁)が税法上、法人税の免税団体と認めた該当団体は、 何よりも組織としての公益性を遵守しなければなりません。

 

 NPOの公益性の遵守は、理事会のリーダーシップの手腕にかかるものです。理事会は、組織ミッション遂行管理とそれに伴うあらゆる決定を行う中枢機関ですから、理事個人としても、大きな責任を持たされます。しかし、そんな責任ある立場であっても、アメリカのNPO理事というのは基本的に無報酬です。「スタッフ」として働く人間の報酬や、経費はもちろん計上できますが、日本のように「理事が職員を兼任し報酬をもらう」ということありません。むしろ理事は「ミッション遂行のために一番貢献する人間」ですから、多くの場合は高額寄付者だったり、高額寄付をする企業や個人を組織のために集めてくる人間が就任することがほとんどです。キャリア的にも誰でもなれるものではなく、企業経営者だったり、大学教授だったり、あるいは公益性ある活動で何らかの実績をもたらしたことのある人間が就任するケースが多いと思います。

 

 また、アメリカのNPOでは「利益相反」と見られる行為は徹底的に避ける必要があります。例えば、理事が関連する企業にNPOから仕事が発注されたり、何らかの見返りがあるようなことは、あってはいけません。また、NPO内に複数の同族理事が就任することも望ましくありません。以前、地元の環境関連のNPOで、その活動を熱心に支え続けてきた生花店を営む夫婦とその娘が同時に理事就任したことがありました。ボランティアとしても多くの時間を割き、定期高額寄付を納めているファミリーだったので、組織としては「理事に是非」ということだったらしいのですが、ここでも「利益相反」が大きな問題になりました。例え高額寄付者であっても、家業が「生花店」ということで環境と密接であること、同族の同時理事就任は望ましくない判断され、結局ご主人以外は理事から早々に外されてしまったのです。

 

 私がは現在子供の劇団の理事ですが、就任を依頼された理由は、過去にいくつか行った舞台製作の実績と共に、数年前に行った「能楽とオペラ」の舞台プロデュース実績が大きかったようです。この舞台は、「平家物語」を主題に「巴御前」の物語を伝統的な能と、アメリカのコンテンポラリーオペラ両方の視点で観客に披露するという試みで、当時シアトルタイムスが一面で紹介するなど一部でかなり高い評価を受けたものでした。シアトルは特に、「移民たちの文化を受け入れ、それらを学ぶ」という積極的な姿勢があるため、社会の多様性ニーズに説得力ある活動経験は一定の評価を受けます。私の場合は非白人の移民と言う「マイノリティの登用」としても、恐らく望ましかったのだろうと、推測します。多様性を重んじるアメリカでは、こうした理事の背景も、組織に「公益性」をもたらす人物か否かという点において、重要になるようです。