Generativity Lab™

次世代に何かを繋ぐ「社会還元共有型」マーケティング™が企業と社会を変える

3MやUberも積極支援! 全米規模の高齢者支援が、若者の人生を変える理由

 アメリカの非営利団体に「Meals on Wheels」という組織があります。全米5000以上の地域で活動を続けている非常に有名な団体で、貧困や孤独というような状況に置かれた高齢者たちに、温かい食事を届けるというのが彼らのミッション。大手企業が「お金を寄付する」という支援以外の形で、この活動に賛同している点においても、注目されています。

f:id:horizonchild:20190912020809j:plain

お年寄りに手を差し伸べることによって生まれる「世代継承」

 この活動は1943年にイギリスからスタートしたもの。アメリカでの活動は、1954年1月にペンシルベニア州フィラデルフィアで開始されました。当初ボランティアのほとんどは高校生で、彼らは「プラターエンジェル (Platter Angels)」と呼ばれていたそうです。高校生たちは食べ物の準備から梱包、配達までを一挙に請け負いました。そんな流れもあるからでしょうか、今でも多くの学生がこの活動を支援しています。

 

 現在、同団体でスタッフ、ボランティアとして活動している人の数は、なんと200万人以上もいます。ちなみに支援を必要としているお年寄りの数は900万人。アメリカでも日本同様高齢化が進んいるため、同団体では問題の根本解決を目指しているそうです。(アメリカでは2060年までに、60歳以上の人口が現在の2倍になる試算)

 

 この活動には多くの寄付が必要ですが、支援企業の中にはお金を出すだけではなく、「社員が積極的にボランティアをする時間を確保する」ことで、活動を支援する会社もあります。特筆すべきはポストイットで有名な3M。彼らはお昼休みなどの時間に、社員たちがこの活動をすることを支援。配達のためにかかるガソリン代を会社が支払う方針にしていることは、あまりに有名です。また、2017年には、Uberが本格的にこの支援サポートを表明。ボランティアたちが食料配達をするための車両移動部分などをサポートしていることは、とても大きな話題になっています。

 

 ボランティアをしている人の多くは「最初は高齢者を救うためと思っていたが、逆に彼らから何かをもらったのは『自分たち』なのだ」ということに気づきはじめるそうです。3MやUberの支援例があることから、同団体では多くの企業やそこに勤める社員たちに「ランチタイムだけボランティアをしよう!」という呼びかけをしています。そこで生まれる世代間を越えた温かな「つながり」は、アメリカの比ではないスピードで高齢化が進むに日本にとっても、何かのヒントになるかもしれません。家族ではない人との「横」のつながりが社会を作り、人々の居場所をつくるという、素晴らしい例だと思います。最後に、その様子が分かる映像を紹介しておきましょう。

 

www.youtube.com