Generativity Lab™

次世代に何かを繋ぐ「社会還元共有型」マーケティング™が企業と社会を変える

子供にビジネスを学ばせよう!「一日起業家」プログラム

 アメリカにおいる春から初秋にかけての風物詩と言えば、「レモネード・スタンド」かもしれません。子供たちが自宅等の前にテーブルを設置し、何かの「目的」達成のためにレモネードを販売して資金を稼ぐというものですが、これがアメリカの子供たちにとって「人からお金をもらう」最初のケースになることは非常に多いと思います。

f:id:horizonchild:20191009022540j:plain

お金を得る目的は、何かを実現するため

 そんなレモネード・スタンドと同類の機会を、組織規模で全米に広め、子供にビジネスを学ばせる機会を提供している団体が注目されています。これはテキサス州オースティンを拠点とするActon AcademyとActon MBAプログラムの共同事業で、「小さな教育機関が始めた、子供の未来と世界を変える革命」と呼んでいる活動のひとつ。「Children's Fair」と呼ばれる小さな「一日起業家」たちの青空市場活動は、やがて全国に広まり、現在では世界12か国・約120都市の自治体、ボランティア組織が、同活動を支援するまでに成長しました。

 

 子供たちは各々のビジネス・アイデアを、形にします。与えられたブースを利用し、子供らしい発想で様々なものを販売するのですが、先述のレモネード、絵やクラフトグッズを作って売る子供もいれば、靴磨き、ヨガ指導などのサービスを売る子供もいます。なかには自分が開発した発明品やアプリの販売権、代理店の権利を販売する子供までいるというのですから、ちょっと驚きです。

 

 全員とは言いませんが、モノやサービスを販売し、お金を稼ぎたい動機を、ポスター等で紹介している子供も随分いるようです。例えば「自分の所属するサッカー教室で使う、サッカーボールを購入するため」、「学校の合唱部が隣の州の合唱コンクールに参加するための費用」、「お兄ちゃんが大学に行きたいが、お金が足りないのでその資金を助けたい」というようなものまで、実にさまざま。子供に「社会と自分とのつながり、そしてお金の持つ意味」を学ばせる、とてもよい機会になっていることは、間違いないと言ってよいでしょう。

 

 ちなみに、ちょっとリサーチしてみたのですが、日本ではまだこのムーブメントに参加している団体はないようです。日本の子供にも、こうした機会を大人が支援して作ってあげえられたら素敵だな、と感じます。下記に団体のリンクと、『BizSeeds』で紹介した際のリンクを貼っておきます。ご興味がある方は、是非のぞいてみてください。

 

https://www.childrensbusinessfair.org/

https://bizseeds.net/articles/771