Generativity Lab™

次世代に何かを繋ぐ「社会還元共有型」マーケティング™が企業と社会を変える

素敵な活動発見!「ミツバチがつなぐコミュニティが、未来を守る」

 ミツバチの個体減少が、世界中で問題になりはじめて久しくなりました。作物の花粉交配のための花粉媒介者・ポリネーターであるミツバチが減ってしまうことは、地球の生態系や自然環境維持にも深く関わるとして、大きく問題視されています。

f:id:horizonchild:20191015065256j:plain

蜂を守り、未来の子供達を守ろう!

 今月たまたま、小学校に通う次女が学校の宿題で「ミツバチ畑」の調査学習をすることに。さっそくその宿題に協力してくれる養蜂場を探すことになりました。そんな中、「Sequim Bee Farm」が、快く「見学においで!」と言ってくれました。

 

 Sequimは雨が多いワシントン州の中にあって、年間日照数が約140日という、美しい田園都市です。出迎えてくれたオーナーのバディさんとメグご夫妻は、子供たちに丁寧に蜂の生活のことをお話ししてくださいました。

 

f:id:horizonchild:20191015070239j:plain

指定された場所は、ヤナギランの花畑のすぐ横

 「ファームに行っても誰もいないから、ここに来てね」と言われた場所は、大きな野原が広がっている場所。ヤマギランが生い茂る花畑の横で、そこには巣箱が15個置いてありました。養蜂場と言っても、一か所に蜂の巣を置いているわけではなく、地域の生産者と協力して、一時間以内で回れる近隣の全102か所に、箱を置いているのだと説明してくれましたが、指定された場所もお友達の持っている土地とのことでした。

 

 ご夫妻が蜂の巣を置いている場所は、地元のラベンダー畑、りんご畑、ストロベリー畑、ブルーベリー畑など実にさまざま。ただ箱をおいてもらうのではなく、収穫したハチミツの半分は、その協力者が自分の畑の「ハチミツ」として売ってもらっているのだそうです。そして「素晴らしいな」と思ったのは、彼らのハチミツでつながった生産者たちの畑ひとつひとつが、子供たちが農業を学ぶ「場」となっている点です。次女がそうであったように、近隣の学校では「ミツバチの学習」が課題になることが多いといいます。学校や子供たちの家族から、畑見学のお願いがあった際には、箱をおいている畑にも協力してもらい、子供たちにフィールド学習の機会を提供しているのだそうです。

 

 「ブルーベリーの季節にはブルーベリー畑に、ラベンダーの季節にはラベンダー畑に案内しています。子供たちにはミツバチのことを知ってもらいたいですが、ミツバチの力が必要な畑の生産者が、自分の畑のことを語ってくれることで、子供たちはハチだけでなく、自然の生態系に関心をもってくれるようになるんです。本当の意味で地球環境のことを考えてもらうには、私たち生産者がちゃんとつながって、みんなで子供に学んでもらう機会を作るのが一番ですよ」

 

 ご夫妻の考え方に賛同した生産者の方々のおかげで、ハチミツの収穫量も、子供達へ提供するフィールド学習の機会も増えていると言います。「ミツバチがつなぐコミュニティが、子供たちの未来をまもる小さな助けになればいい」と最後に語ってくれた言葉が、とても印象に残っています。素敵なご夫婦を紹介したビデオがあるので、最後に貼っておきます。

 

www.youtube.com