社会還元の内容は、クリアで分かりやすいほど良い

 企業の理念と事業姿勢の中に、ジェネラティビティという概念を置き、顧客と企業が一体となって、次世代にプラスの影響を与える「社会還元共有型」コミュニティを構築し、導入する「社会還元共有型マーケティング」。このマーケティングに成功している企業の特徴は、顧客と共有しようとする社会還元の内容が明確である点です。

 例えば、環境問題一つとっても「環境を守るために寄付をします」というタイプの支援は多いように思いますしかし、「弊社ではXXXの売上の一部を、環境問題(CO2削減のためなど)を解決するためにXXXX財団に寄付します」という内容よりも、もう少し分かりやすくクリアに社会還元の内容が伝わると、顧客の心はより大きく動きます。

時計メーカーが行った、植林プロジェクト

 一例をあげましょう。Analog Watch社という企業が取り組む植林支援は、顧客に届けられるメッセージと支援の内容がかなり具体的な良い例です。シンプルで美しいデザインと、そのメッセージ性の明確さで注目されているブランドで、取り扱い店にはニューヨークの近代美術館(MOMA)やゲッティ美術館のストアなどが、名を連ねています。

  同社は時計の素材となる資源の保護活動に力を入れており、木で作られたカーペンター・コレクション($95)の場合、腕時計をひとつ購入すると、1本が植樹される仕組みになっています。植樹自体は同社が行うのではなく、非営利団体「Trees for The Future」と提携して行っているのですが、すでに数千本の植樹実績があるそうです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事